3月 15 2015

お金が必要で本当に切羽詰まっているときは

「ちょっと我慢すればいいや」では済まず、本当にお金がなくてヤバい!というときといえばやはりローンの返済は上位にくるでしょう。

食事を少しぐらい我慢したり欲しいものを買うのを延期したり、付き合いを何か理由を付けて断るのも辛いですし何とかしたい思うものですが、ローンの返済が遅れると様々な問題が生じてしまいます。

中でもダントツで困るのは会社への電話がいくことですね。

借金があるだけならともかく、その返済が遅れているということを上司や同僚に知られるのは今後の評価も悪くなりそうです。

それに「こいつはお金を借りて返さない奴」みたいに思われるのはプライド的にも耐えられません。

でも返すためのお金が用意できそうにない、マジでどうしようとなったときは最後の手段としてキャッシングをします。

借金のために借金を増やすのは愚かなことだとは思いますが、本当にお金が必要で切羽詰まったときで他の手段がないときはどうしようもありません。

根本的な解決にはなっていなくても目の前の問題を解決することが最優先というときもあります。
そういうときにキャッシングも必要悪なのかなとも思うのです。

お金が欲しいときとは